一級建築士事務所による三鷹市、武蔵野市、多摩地区の新築注文住宅・リフォーム・二世帯住宅・高性能住宅

【開催報告】小平市上水本町H様邸の構造見学会を開催しました

いつも司建築計画のHPをご覧いただきありがとうございます。

先週7月30日、31日にお施主様のご厚意のもと、小平市上水本町のH様邸にて構造見学会を開催しました。

大変暑い中、ご来場いただいたお客様、誠にありがとうございました!!

真夏の構造見学会は久しぶりだったため、エアコン1台を1階に設置しましたが、パワーが十分ではなく

スタッフも全身汗びっしょりになりながらの見学会となりました。

真夏の晴天の中の構造見学会です

柱は国産のヒノキを使用しています

構造見学会は、建て方工事が終了し、サッシが入り、断熱材を吹き付けた状態での開催します。

完成してからは見ることのできない家の中身を確認することができます。

なかなかハウスメーカーの家では構造見学会は開催しないと思いますので、地元工務店ならではのイベントです。

30日には専門家による気密測定を開催しました。

気密測定では、家の中に存在する隙間がどのくらいあるのか?をC値という数値で計測します。

1回目の計測後、圧をかけ密閉状態にした家の中で、現場監督はじめ、大工さん、スタッフ一同で断熱材と柱やサッシの間にある隙間を探します。

わずかな隙間がないかを確認します

柱や梁の構造がよくわかります

今回使用した断熱材はモコフォーム(日本パフテム)です。屋根には200㎜、壁には100㎜の厚さで現場吹付を行っています。

今回のH様邸の気密測定結果 C値は0.32㎠/㎡でした。弊社のC値目標は0.5以下ですので、今回も良い結果が出せました。

C値0.32は家全体に存在する隙間面積が7.14cm角の正方形の大きさということを意味します。

気密測定は全棟で実施しています

手形式で押されたお施主様の手形も見えますね

構造見学会は、平面図や完成予想パースを見ながら、今後どういう風に家が仕上がっていくのかを想像していく楽しさがあります。

H様邸は、10月下旬に完成予定です。

床下エアコンと吹き抜けリビングが特徴のH様邸は完成見学会も開催しますので、是非完成時にもご来場いただけると嬉しく思います。

最後になりましたが、大切なお宅を貸していただいたH様、誠にありがとうございました。