一級建築士事務所による三鷹市、武蔵野市、多摩地区の新築注文住宅・リフォーム・二世帯住宅・高性能住宅

高性能住宅への取り組み

高性能住宅への取り組み

高性能住宅『ZEH仕様』の家づくり

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略です。

断熱・省エネ・創エネで家のエネルギー収支をゼロにすることを目指した住まいのこと。

「2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標が設定されています。

エネルギー自給自足ができる快適な住まいZEHが、これからのスタンダードになると考えられています。

 

 

 

 

 

ZEH仕様の家を建てると国から補助金が支給されます。

登録されたZEHビルダーが建てることが条件で、司建築計画はZEHビルダー登録しているため、

補助金の対象となります。

 

  • 断熱

断熱内部に結露を発生させない高性能な断熱材パネル(スーパーウォール)を採用し、

部屋間の温度差や上下の温度差が少ない、魔法瓶のような空間をつくりだします。

断熱性の高い家は外気温の影響を受けにくいため、一年中快適な室内温度を実現します。

冬場のヒートショックの心配も少なくなります。

さらに、瑕疵保証(10年間)では保証されない断熱材内部の結露による劣化を35年間保証。

安心して長くお住まいいただける家づくりをおこなっています。

 

  • 省エネ

断熱性能に優れた高性能住宅は、冷暖房費を大幅に削減することができます。

住宅の中で最も熱の出入りが大きい場所は、窓・ドアなどの開口部です。

夏場は外の熱が窓やドアから入り、冬場は窓やドアから暖房の熱が逃げていきます。

開口部の断熱性をあげることが部屋全体を効率的に冷やしたり、温めたりするために重要になります。

その結果、光熱費を下げ、省エネにつながります。

 

  • 創エネ

太陽光発電を設置すれば、さらに省エネ化が行える上、ZEH住宅補助金の対象にもなりさらにお得に。

太陽光発電設備をお得に導入できる制度もご紹介しています。

(ZEH仕様の家には太陽光発電とHEMSの設置が必須です)

 

 

断熱性と気密性を表す数値 ~『HEAT20』とZEHの基準~

地球温暖化とエネルギー問題 。

その対策のために2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会が2009年に発足しました。

『HEAT20』は団体名でその略称です。HEAT20は現行の省エネ基準より性能が高くコストパフォーマンスの良い「G1」グレード、更なる環境を目指す「G2」グレードの2つの基準を提案しています。

下の表を見てもわかるように、HEAT20が提唱するG1、G2グレードのUA値は平成25年度に定義された

省エネルギー基準やZEH基準よりも更に高性能な家を目指す基準であると言えます。

司建築計画では、HEAT20のG2グレードを断熱性能の目標値としています。

HEAT20では、住宅性能を比較するために気候ごとに都道府県を7つのエリアに分けて、外皮平均熱貫流率(UA値)※の基準を定めています。東京都は6地区。(一部異なるエリア有)

※外皮平均熱貫流率(UA値)とは・・

住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値です。

UA値が小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高く、省エネルギー性能が高いことを示します。


同じく住宅の性能を表す数値として、C値※があります。

※C値とは・・

住宅における相当隙間面積のことです。

家の面積に対して、どれくらいの隙間があるのか?という数値です。

 

C値の測定は、実際に建てられた建物内で、専門の気密測定試験機を使って行います。

C値の基準は、2009年(平成21年)に省エネ法が改定された際に削除されたので、基準はありませんが、

C値が小さいほど高気密であることを示します。

例えば、100㎡(約30坪)の家の場合

C値が5.0なら家じゅうの隙間面積は500c㎡(はがき約4枚分)、

C値が0.5なら隙間面積は50c㎡(はがき約0.4枚分)ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

司建築計画では、施工した高性能住宅の気密測定会のデータを公開しています。

竣工したお客様の測定値は以下の通りです。

例1:練馬区N様邸(6地区)  C値:0.53 UA値:0.57 2019年竣工

例2:八王子市H様邸(5地区) C値:0.71 UA値:0.54 2019年竣工

例3:国分寺市K様邸(6地区) C値:0.65 UA値:0.56 2021年竣工

練馬区N様邸施工事例写真

八王子市H様邸施工事例写真

国分寺市K様邸施工事例写真

高気密・高断熱の家に住むとどのような暮らしができるのか?

気密性が高く、断熱性が高い家に住むとどのような暮らしができるのでしょうか?

省エネルギー性能のメリット

    • 隙間がなくエアコンが効率的に利用できるため、冷暖房費が安くなる
    • 小さい容量のエアコンで家全体を冷房、暖房することができる

室内環境の質の向上

    • 家の中の温度差が小さくなる
    • 部屋の上下の温度差が小さくなる
    • ヒートショックなどの病気のリスクが減る
    • 朝の台所作業が楽になる
    • 廊下が寒くならない
    • 真冬でも裸足で家で過ごせる
    • カビ、結露が発生しにくい
    • 家が長持ちする など・・・

これから、家は安らぎの場であり、子どもたちの学びの場であり、仕事の場にもなってきます。

ご家族が安全、健康、快適に過ごすために当社は高気密・高断熱の家づくりに取り組んでいます。

 

自然の力を活かすパッシブデザイン

快適な家をつくるためにはこのような性能数値が必須だと考えております。

しかし、この数値をクリアしているからと言って必ず快適な建物になるのかと言うとそうではありません。

住宅の性能を設備機器だけに頼るのではなく、太陽の日射熱・風・空気の循環など自然エネルギーの力も借りながら、

そこに住む家族が一年中気持ちよく快適で健康に暮らせる工夫が必要です。

高気密・高断熱の高性能住宅には、自然エネルギーを活かしたパッシブデザインの設計が切っても切れないのです。

 

夏は太陽の熱を遮り、冬は太陽の熱を暖房に利用する

季節や時間による太陽の高さや方位の違いによる日射量を考えたり、夏は遮蔽して取り込む熱を減らすといった

日射コントロールが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風と光を通して気持ちよく暮らす

周辺の住宅などの建物の配置を考えたり、あったかい空気が上に行く空気の特性を利用した「温度差換気」も

有効です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

司建築計画では、ZEHビルダーとして、高気密・高断熱の高性能住宅を建てるだけではなく、

設計の工夫により、自然の風や光を取りいれ、環境負荷も少なくそこに住まう家族に優しい住まいづくりを

目指しています。