一級建築士事務所による三鷹市、武蔵野市、多摩地区の新築注文住宅・リフォーム・二世帯住宅
コンテンツ

自由設計、4つのポイント

point01 敷地を活かす~光と風~

「寝室の高窓」
寝室の窓は、プライバシーを考慮して高い位置に窓を計画。隣家からの視線を気にせず、光と風を取り入れることができます。

「ハイサイドライト」
勾配天井で天井が高く開放感のあるリビング。
南側の高い天井部分にハイサイドライトを設けることで、明るい光が2階全体に行きわたります。
また、湿った空気の排気効果もあり、夏場の暑苦しさの軽減にもつながります。

「風が通り抜ける住まい」
風が通り抜ける住まいは、季節感やさわやかさを味わえるだけでなく、湿気や臭いなども減らすことができます。
風がスムーズに通り抜けていくように、近隣の建物位置などを考え、窓の設置やその形状などにも配慮して計画します。

point02 暮らしやすさの工夫

「暮らしの変化に合わせた子供部屋」
30~40年といった長い月日の間に、子供のライフステージはさまざまに変化します。
子供部屋は、はじめは大きなひとつながりの部屋に。
お子さまの成長に合わせて、壁や間仕切り戸などで2部屋に区切ることができます。
家具配置をあらかじめ考えておくことも大切なポイントです。

「ファミリークローゼット」
子供部屋それぞれに収納を設けるのではなく、子供部屋への導線上にの廊下に大容量のファミリークローゼットを計画。
ひとまとめに片づけられるので、家事の負担も減ります。共有で使うもモノもまとめて片づけられて便利です。

「回遊動線で家事効率アップ」
キッチン~パントリー~洗面~バルコニーが回遊動線でつながり、サッと短い動線で家事をひとまとめにできます。
雨の日に便利な室内物干しスペースも洗面室の隣に配置、洗濯の時間も大幅に削減できます。
家事空間を女性目線で緻密に作り上げるのが司建築計画の強みです。

point03 家族のコミュニケーション

「自然と家族がつながる配置計画」
LDK、和室とつないだ位置にテラスを計画。
どこにいても視線が中央に向かいやすく、自然と家族の気配が感じられる配置です。

「開放感のあるリビング階段」
リビング階段を取りこむことで、空間を広く見せることができます。
開放的で明るい空間となるようストリップ階段に。スタイリッシュな階段は、インテリアの一部として空間のアクセントになります。
また、2階へ上がる時、一度リビングを通るので家族の様子がわかり、コミュニケーションの機会が多く持てるのもリビング階段の良さです。

point04 暮らしの彩を演出

 

「玄関を彩るニッチ」
玄関を入った正面の壁にニッチとカウンターを計画。観葉植物や季節のお花を飾ったり、人を招き入れる玄関だからこそ、オシャレに。

「モザイクタイル」
小さな面積でも空間の印象をガラッと変えるモザイクタイルで、水まわりの空間にアクセントをつけるのもおすすめです。
お掃除しやすく、清潔感のある洗面化粧室に。

「キャットウォーク」
高いところが好きなネコも喜ぶキャットウォークも、インテリアの一部として空間のアクセントになります。