一級建築士事務所による三鷹市、武蔵野市、多摩地区の新築注文住宅・リフォーム・二世帯住宅
コンテンツ

安心の基礎・構造

すべての建物で耐震等級3を確保

 

 

近年相次ぐ地震において、建築基準法で定める基準だけを満たしただけでは、家屋の倒壊を防ぐには十分とはいえず、家族の安心・安全を思い、建てる住まいには高い耐震構造を持つ住まいづくりが必要です。

 

家族の安心・安全を思い、建てる住まいには高い耐震構造を持つ住まいづくりが必要です。
耐震等級3とは、消防・警察など防災拠点となる建物の耐震性能に匹敵する耐震性能です。

べた基礎コンクリート部分の厚さを15cmにして通常より厚みを持たせたり、
上部の鉄筋端部をU字に曲げたり、1つ手を加えることでより強くて長持ちする家づくりをしています。

理想的な耐震+制震を実現した工法を採用

 

制震機能付き高断熱壁パネルを採用。断熱性を損なうことなく「耐震」「制震」が相乗効果をもたらします。
断熱材の加工はすべてLIXILの工場で行います。そのため、精度にムラがなく、高い品質が保たれます。

 

木造軸組+パネル(面材)によるモノコック構造。
木造住宅の最高等級である耐震等級3を実現します。
高断熱壁パネルと粘弾性体の制震テープを一体化することで、
断熱性を損なうことなく、地震の揺れを吸収します。