一級建築士事務所による三鷹市、武蔵野市、多摩地区の新築注文住宅・リフォーム・二世帯住宅

注文住宅で建てる新築物件について、予算やポイントを解説

注文住宅で建てる新築物件について、予算やポイントを解説

新築で家を建てようとお考えの方であれば、まずは建売住宅にするか、注文住宅にするかを選ばれるかと思います。どちらにも特徴があるため、実際に住んでみてどちらに魅力を感じるかによって決まりますが、

そもそも注文住宅というのは具体的にどのようなものなのかをご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は注文住宅について、建売との違いや注意点などをご紹介いたします。

注文住宅とは

注文住宅というのは、家を購入する方が素材や窓などの種類を決めることができる住宅のことです。注文住宅には「フルオーダー」と「セミオーダー」の2つの種類がありますので、注文住宅で家を建てるとなった場合にはフルオーダーとセミオーダーのいずれかを選ぶかたちとなります。

フルオーダー住宅の特徴としては、その名の通り家のすべての部分に関してご自身の好みや趣向を反映させることが可能ということがあげられます。玄関の種類や素材にはじまり、キッチンや浴槽、トイレやフローリングにいたるまですべてを自由に選んで決めることができるのです。理想の家を思い描いている方にとっては、これ以上ない自由度でイメージ通りの家を建てることができる方法です。しかし、自由度が高いことでかえって素材などにこだわりすぎてしまい、なかなか決めることができなくなってしまったり、費用が高額になってしまったりもします。

一方セミオーダーの場合ですが、基本的な仕様などの部分はあらかじめ建売住宅のように決められています。浴槽や洗面台、キッチンなどの一部分においては購入者が自らの好みなどで決めることが可能というのが特徴です。また、間取りに関しても決めることができますので、決定した間取りに合わせて設備のグレードアップなども可能となっています。フルオーダーでは知識がないとすべてを決めることが難しいため、気軽でありながらそれなりに自由度のあるセミオーダーは人気が高い傾向にあります。

建売住宅との比較

注文住宅と建売住宅を比較した場合、まずは「価格面の違い」があげられるでしょう。建売住宅の場合にはすでに間取りや設計、設備などが決まっている同じ物件が何棟もまとめて建築されるため建築コストが抑えられ、価格も抑えられる傾向にあります。注文住宅の場合には自由度が高いことによって建売住宅より高額になる可能性は高いです。ただし、選択するグレードによっては建売住宅よりもコストダウンとなる場合もあります。

物件選びから建築完了までにかかる時間にも違いがあります。建売住宅であれば、様々な不動産会社のなかから好みだと思える物件をピックアップし、内見を申し込むところから始まります。内見をして問題ないという判断になれば契約へと移り、すでに建築完了している場合であれば約1か月、これから建築という状態であれば約4か月で引き渡しとなります。注文住宅の場合ですと、まずはどのような住宅にしたいのかというイメージを、具体的に図面などに落とし込む作業が発生します。何度も打ち合わせを重ねるなかで素材や設備などを決めていき、最終的に合意した時点で建築開始となります。オーダー内容によって引き渡しまでの期間も変動しますが、数か月〜半年ほどで引き渡しとなるでしょう。

その他にも「土地の有無」も異なります。建売住宅の場合には物件と土地がセットとなっていますが、注文住宅の場合には土地を用意したうえでその土地に住宅を建築することになりますので、ご自身で土地を用意しなければなりません。もともと土地を所有しているという方であれば、注文住宅のほうがスムーズです。

予算別の違いはある?

注文住宅は自由であるものの、選択した設備や素材などが費用面に直結するため予算に応じて制約ができてしまうのも事実です。そこで値段別にどのような違いが生まれてしまうのかをご紹介しましょう。

1,000万円台の場合

家の面積や規模にもよりますが、この予算の場合ですと極力自由を省いたシンプルな物件となるでしょう。片流れの屋根にしたり、外壁の面積が広くならないように真上から見た時に正方形になるなどの部分に注意しなければなりません。

2,000万円台の場合

1,000万円台に比べてやや自由度が上がります。浴室のタイルの材質にこだわったり、最新のキッチンシステムを導入することも可能です。とはいえ、まだ制約がなくなったわけではありませんので、最低限のカスタマイズが可能な予算ということになるのではないでしょうか。

3,000万円台の場合

このくらいの予算であれば、大抵の場合希望通りにすることが可能となるでしょう。外壁の面積を気にせずに家の形状を特殊な形にしたり、床暖房を導入するなどグレードの高い設備も入れることができます。

3000万円以上の予算があれば、さらに自由度は広がっていきますので、あくまでも目安として考えてみてください。

注文住宅の注意点

注文住宅で建築する場合の注意点ですが、まずは動線の確保です。特にキッチンなど動線が命ともいえる部分においてよく考えずに設備だけで決めてしまった場合に、実際に住み始めたところ動線がいまいちで料理がしにくいといった失敗がよくあります。また、収納力にも気をつけましょう。建売の場合には面積に応じておおよそ必要であろうという収納が用意されていますが、注文住宅ですとご自身がそれを決めることになりますので、収納が足りないため、あまり物をしまうことができなくなることもあります。それらは打ち合わせの際にプロの意見を参考にしながら決めると未然に防ぐことができるのでおすすめです。

まとめ

注文住宅は建売住宅などに比べて価格が高くなる傾向にありますが、その分自由度が高いため、ご自身の理想の住まいを実現することが可能となります。フルオーダーのようにすべてを自由に決めることもできますし、他とは少し違う家がいいという方には、一部分だけ自由にできるセミオーダーという選択肢もあるのでおすすめです。

「株式会社司建築計画」では豊富な技術に裏打ちされた提案によって、あなたの理想とする家造りのサポートをいたします。注文住宅をお考えでしたらまずはお気軽にご相談ください。

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031